language
MENU

よくあるご質問
よくあるご質問

採用に関するご質問

理系の学部に在籍しておりますが、エントリー可能ですか。

募集は、全学部・全学科としておりますのでエントリー可能です。

男性と女性の比率をおしえてください。

比率は男性85%女性15%になります。

ページの先頭に戻る

仕事について

宅地建物取引士資格は必須ですか?

不動産業界では、従業者5人に1人の割合で、専任の宅地建物取引士が必要です。仲介業務では、お客様に「重要事項説明」をする仕事をします。営業社員 の仕事は、資格が無くても出来ますが、宅地建物取引士がいなければ、契約業務は完結できません。資格試験の内容は、民法、建築基準法、宅地建物取引業法が出題の9割を占めます。難しい国家資格試験ですが、全員取得を目指しています。

自動車運転免許は必要ですか?

お客様を物件現地まで、安全にご案内します。そのために正確な運転技術と注意深い性格が何より大事です。自動車の運転免許を取得したら、毎日乗って練習し てください。1人で外出する時は、原付バイクを使います。車の多い市内では、小回りのきくミニバイクが大活躍します。不動産の営業職につく場合は、車の運転は日常業務です。とにかく、車両や道路に慣れてください。あなた自身も怪我をしないように。

ノルマについて知りたいです。

ノルマはありません。目標はあります。目標は、必達です。

ページの先頭に戻る

勤務について

勤務地について知りたいです。

京都本社および京滋地区の各店舗です。

教育制度について教えてください。

100年以上継続する企業をめざし、本物のサービスを提供できる世界一の人づくりに取り組んでいます。

異動はありますか。

ジョブローテーション、人材育成等の観点からも他部署へ人事異動の可能性もあります。

ページの先頭に戻る

職場環境について

労働時間について知りたいです。

繁閑、配属先、また個人の能力により異なります。サービスに上限はないので、どこまでお客様に満足いただけるように追求するかは自分次第です。仕事の能率を上げることが労働時間を短縮する最善の方法であると同時に、サービス業であるため能率だけを考えては上質なサービスを提供できないことも事実です。

休日について知りたいです。

総合職、一般職ともに年間105日です。1月度~4月度(当社カレンダー)の繁忙期は週1回の休日となります。また、配属先により異なりますが基本的に水曜日が休日となります。営業店舗配属の場合は、最もお客様がお越しいただける土日祝は基本的に勤務しております。

離職率について知りたいです。

1年目で10%~20%、2年目で20%~30%、3年目で約30%~40%です。常に目標や夢を掲げ、その実現の為に努力し続けられる方が当社では活躍しています。

ページの先頭に戻る

応募について

エリッツを知る